薔薇の魅力


今日は、お母様がご依頼人で、かわいらしいお嬢さんのクライアントさんの、香りセラピーを行いました。彼女の魅力を引き出し、強化するサポートになる香りを選び出して、最終的には実際の香りを嗅ぎ比べて絞り込んでもらうのですが、ローズオットーチュベローズが気に入られたようで、大変喜ばれて持ち帰られました。 ローズ。ごくたまーに匂いが嫌いというかたもいらっしゃいますが、珍しいです。大抵のひと、特に女性はローズの香りが大好き。

そして香りだけでなく、お花の見た目も、完璧なフォルム。 先日、お花をイメージしてファッションを考えるという記事も書きましたけれど、過去のファッション(写真を撮る方になる私は、逆に自分の写っている写真があまり多くないのですが)を写真でみかえすと、圧倒的にローズが多いですね。もう、ローズを身につけるだけで、本当に気分が上がります✨


赤い薔薇。 (最近、赤い薔薇からは気持ちが離れ気味ですけれど。。)


白い薔薇。

こうして、画面で視覚的に見る分には、衣装だけでもよいのですけれど、リアルの世界だとやはり、「香り」があって、完成したいところです。

香りとのペアリングについては、こちらの先の投稿にご紹介させていただきましたが。 このように、香油用の瓶に入れてつかってもGood💖


もちろん、ローズファッションとのペアリングにローズ精油。 といっても、ローズでもいろいろな種類があります。 ローズ・アブソリュート...薔薇を溶剤に漬け込んで抽出した少しねっとり蜂蜜のような甘やかさの深い感じの香りのローズ。香料で有名なグラース地方で取れるローズ精油などがこれにあたります。自信と好奇心にあふれた意志的な人。輝きのある華やかな人。 ローズ・オットー…最近は、ブルガリアやトルコで有名になりました。ピンク、ホワイトの区分もあります。水蒸気蒸留法でとれるローズで、どちらかというえばこちらの方が自然のローズの香りに近いねという方が多いです。上品で優しく思いやりのある、育ちの良さを感じさせてくれます。 チュベローズ...和名は「月光下」。月光ですよ、媚薬的な精油の1つ。小悪魔的とも表現できる夜の大人な香り。キャラとしては誇り高く、社交性の高いかたにぴったりです。希少な精油なので、お値段もとってもお高い〜。

自作、リメイクなどでも薔薇アイテムが多いです。さすがにこれには香りはつけていないのですが、昔の平安貴族の薫衣香のような試みができたら素敵♥



今度、お香で試してみます。

#aromatherapy #fashion

特集記事
最新記事