Blooming Aromatic Therapy 〜User’s Voice〜

香りセラピーで美しく花開く方々からのご感想と、そのご活動のご紹介です。

ファッションジャーナリスト / 美容食研究家

杉本 佳子

<佳子さんの香り>

ベルガモット,イランイラン,ジャスミンサンバック,メリッサ,ローズアブソリュート,ベチバー

佳子さんは、ニューヨークで、Blooming Aromaの香りのセラピーを受けに来てくださいました。


繊研新聞ニューヨーク通信員として、ニューヨークコレクション、ファッション ビジネス、小売ビジネスについて執筆活動をされている佳子さん。その傍ら、美容食のクッキングクラスをしたり、プライベートパーティーなどのお食事を用意されたり、メニュー開発を依頼されたり、、マルチに活躍されているのが佳子さんのすごさ。


佳子さんと接していると、ご自身の良いと感じたものに素直に反応し、取り入れる柔軟さや瞬発力が「チャンスの女神の前髪」をしっかりと捕まえるのだなと感じさせてくれます。


知的で落ち着いた大人を感じさせるベチバーに、ベルガモットメリッサの軽やかな可愛らしい女性性を感じさせる佳子さんの香りです。

佳子さんから頂いたコメントと、
佳子さんのコラムや美容食のお教室のご紹介を以下に掲載させていただきます。

香りのアファメーションで愛に包まれて、1日をスタート

From 杉本佳子:

「私は香りと顔につけるオイルに関しては、MIKAさんに絶大なる信頼を寄せています。


  ブログにもとてもためになる情報がたくさん載せられていますし、もっと知りたいと思ってお聞きすると、とても丁寧に教えてくださるのが有難いです。


  何より、勉強熱心、研究熱心で、学ぶために遠方まで出かけていくことを厭わない行動力に驚かされます。香りに関してのプロ意識が素晴らしいと思います。


  ニューヨークで実際に、いろいろな香りについて教えていただく機会に参加できて、本当に良かったです。


その時つくったアロマミストは今も使っています。

朝、1日の始まりに気合を入れるような感じでアファメーションを唱えながら使うことをMIKAさんに勧められたので、朝、化粧が終わった時に上に向けて3回プッシュし、その香りのミストに自分を包むようにしています。唱える言葉は、

「私は護られている、私は愛されている、私は愛することができる」

 

MIKAさんがアレンジしてくださった香りに包まれて、ほっとした気分の中でこの言葉を唱えて1日をスタートするようにしています。

〜美しさに溢れる、佳子さんの美容食クッキングクラス〜

この彩りの美しさ!

酵素シロップを使ったトマトのパイシートスイーツは、衝劇的な出会いでした。

私、MIKAも、佳子さんの美容食クッキングクラスを受けて参りました。

NY在住の素敵な方々の集う場にもなっています♥

*現在はNY式部会としての活動はなく、同様の活動をされているサロン・ド・マグノリアなどで開催中です。

見た目も美しく、美容にもよい、おもてなし料理。
手間暇かけてつくる物もよいですが、佳子さんが教えられているお料理の特長は、作るのも簡単にでき、日常のなかでリピートできること。

お料理を作りながら、素材に含まれる栄養素、効果的な取り入れかたについての解説が入ります。
佳子さんが教えてくださったパプリカの色別の栄養価の違いは印象的で、
赤は抗酸化作用が高く、黄色は美白効果のあるビタミンCや肌老化を防ぐルテインが多い、、。
私はその後の食生活にも、積極的に取り入れるようになりました。

他では出会えない、佳子さんの開発されたオリジナルレシピは、
ファッションの世界に関わる人ならではの、高い感性のもとに作られていて、

「もっと自由に!気になる物を自分の内に取り入れていこう!」
そんなポジティブな気持ちにさせてくれます。

以下、ほんの一部ですが、佳子さんの活動をご紹介させていただきます。

◆長年NYに在住して、カッティングエッジな世界に触れ、繊研新聞のコラムページから日本へレポートしている佳子さん。

佳子さんの繊研新聞でのコラム記事
(*
2017年3月現在この記事はサイトリニューアルによりGoogleキャッシュでのみご覧になれます。)

佳子さんによるNYコレクションのレポート

◆その視点は面白く、ファッション業界以外の方にも参考になります。

毎年のホリデーシーズンに、NYで活躍されるファッション業界の日本人の方々が集まる、ネットワーキングパーティ「NY x JAPAN x FASHION NETWORKING Holiday Party」を、ファッション業界のご友人たちと主催されています。

(「アメリカに販路求めて。鬼瓦まで!」2017年3月現在この記事はサイトリニューアルによりGoogleキャッシュでのみご覧になれます)


「展示会では、それぞれの鬼瓦と作家を紹介する英文のパンフレットが用意されていました。
アメリカ人はこうしたストーリーを非常に喜ぶので、ものづくりの背景にあるストーリーを全面的にアピールすることは大変いい」(by佳子)

◆ファッション工科大学(FIT)NY支部支部長として、卒業生・在校生のネットワーキングの会のまとめ役をされています。

◆東北地方で地震・津波被害に遭われた方々への支援・追悼のために、毎年3月にNYで開催されている「TOGETHER FOR 311追悼式典」の主催グループ(Fellowship for Japan)の一員としてご活躍。

杉本佳子さんの記事や情報は、以下からご覧ください。


🌸 繊研新聞コラム

🌸 食通のためのグルメメディア「Dressing」(by ぐるなび)

🌸 佳子さんの美容食ブログ(クッキングクラスのお知らせはこちらから)